難関学部突破のために|大事な時期に|中学生の家庭教師の選び方一覧
勉強道具
このエントリーをはてなブックマークに追加

難関学部突破のために

先生

他人と差をつけるために

外科医や内科医といった医者になるためには、医学部を卒業している必要があります。一般に医学部は人の生命に関わる重要な人材養成を行うため、他学部と比べて難関と言われています。そうした難関学部に合格するためには、予備校への通学が必須といえるでしょう。予備校では医学部志望コースを設けている場合が多く、これまでの受験生をもとに蓄積された豊富なノウハウと、実力のある講師が揃っているため、医学部を志望する人たちの間で人気を集めています。また予備校による独自テストや、その他模試での成績相談会や生活指導、保護者会などを開催しているところもあり、受験生を全面的にバックアップできる体制が整えられているのです。こうしたことから、予備校に通っていた人とそうでない人では大きな差が生じてしまうでしょう。

自分にあった環境

医学部を志望する場合、大きく分けて一般予備校と医学部予備校のどちらかに通うことが多いです。一般予備校では、とくに医学部コースが設けられていますが、自習室などでは他学部志望の人と交流することができ、学問の視野を広げることができます。医学部予備校では、まさに医学部合格に特化していることから、他学部志望の人はほとんどいません。その代わり、より洗練されたノウハウや実績があるため、かなり高難易度の授業が展開されます。また志望大学が国立もしくは私立によって対策科目数も異なります。志望大学に合わせて、自分が最も学習しやすい雰囲気・難易度の予備校を選ぶことが大切です。加えて勉強相談の機会や自習室の有無など、そうした詳細もチェックしておくことを忘れないようにしましょう。